表組み機能と段落境界線で棒グラフを作る

UNI6163

決まり物で大量にある場合はイラストレーターで作るより楽です。

他媒体への流用がある場合には不向きですが、使い方によっては修正も楽だし

ま~使えるのではないでしょうか。

set e to 30グラフの最大値

tell document 1 of applicationAdobe InDesign CS2_J

set a1 to cells of selection

repeat with a2 in a1

try

set selection to a2

set {a, b} to {contents of selection as real, width of selection}

set c to ((a * (b * 0.01) * (100 / e)) + 0.3)

set d to (b – (a * (b * 0.01) * (100 / e)))

set selection to every text of selection

set properties of selection to {left indent:c, rule above right indent:d}

end try

end repeat

end tell

表組み機能で下のような表を作り数値部分のセルを選択してスクリプトを実行。

青い線は段落境界線を使っています。

実行後下のようになります。

グラフ下の数値は手入力。