絵解きを付けてみる

UNI9538

画像ボックスに絵解きボックスを付けます。
「 –絵解きボックス作成」部分の「+ 1」が画像ボックスからの距離 「+ 7.25」が画像ボックスからの距離+画像ボックスの高さです。

ここら辺を適当にいじれば画像ボックスの横や上に付けることもできます。

tell document 1 of application Adobe InDesign CS2_J

try

-オブジェクト取得

try

set SL to (object reference of selection)

if not class of SL = list then set SL to {SL}

on error

set SL to {object reference of selection}

end try

-オブジェクト取得終了

repeat with e1 in SL

set {b1, contentsa} to {active page of layout windows‘s item 1, □□□□□□□□□■□□□□□□□□□■□□□□□□□□□■“} オブジェクトがあるページの取得、ダミーテキスト設定

copy geometric bounds of e1 to {g1, g2, g3, g4} オブジェクト位置取得

set c1 to make text frames at b1 with properties {geometric bounds:{g3 + 1, g2, g3 + 7.25, g4}, contents:contentsa, text frame index:1} 絵解きボックス作成

apply object style c1 using object style 絵解き 絵解きボックスにオブジェクトスタイルを適用

end repeat

end try

end tell